ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

ギネスと言うとビールメーカーとして知られているが、他にも世界的な記録を集め、「ギネスワールドレコーズ」と呼ばれる本を年に1回出版することを目的としている。ワールドレコーズが作られたのは今から60年以上も前の話だったが世界的に広がりを見せていくこととなった。

本書は世界記録ではなくあくまでビールとしての「ギネス」についてどのようにして成長していったのかを取り上げている。

第1章「神々に愛されたビール」
ギネスは250年以上も前から存在したビールであるのだが、なぜ長らく続いているのかと言うと本章のタイトルにある通り愛されたビールであったのだが、もっともローマ帝国時代からずっと愛されていたという。

第2章「ビール職人かつ社会変革者 アーサー・ギネス」
今でこそ世界中で愛されたメーカーであるのだが、もっともアイルランドのビール職人の集まりであり、ダブリンの人々が涙して愛されたことが挙げられる。

第3章「遺志を継ぐ者たち」
遺志は創業者のことであり、創業者の考えや行動を受け継ぎ、ギネスビールを成長していた方々を取り上げている。

第4章「社会変革の礎」
何せ250年以上の歴史があるため社会の歴史は長くさらされることになる。そのさらされてきた歴史の中でどのようにさらされてきたのか、本章ではそのことを取り上げている。

第5章「神のギネス一族」
ギネスの一族は世界に広がりを持っている。世界のビールメーカーであるだけに、世界を旅したり、ギネスのヒントを得たりするために世界に渡り歩いた一族のことを取り上げている。

第6章「国民的・グローバル企業としての躍進」
ギネスのメーカーはもはやグローバル企業と発展していったのだが、その変化はどのようになったのか、そのことを取り上げている。

ギネスビールはビールを知らない人にもよく知られている。冒頭で述べた世界記録もあるのだが、それ以上に一大ビールメーカーとしても知られている。その要因とは何があるのかそれを知るきっかけがここにある。

スポンサーリンク