Amazon中国輸入効率化マニュアル


サンライズパブリッシング様より献本御礼。
稼げる方法は数多くあり、輸入業でも今となっては様々なものがある。本書で取り上げる「Amazon中国輸入」もその一つだが、中国人を相手に輸入を行い、売上・収入を得ることから「言語の壁」などもあれば、日本にはないリスクが生まれるように思えてならないが、ちょっとしたコツをつかむことさえできれば誰でも稼ぐことができるのだという。その「コツ」を伝授しているのが本書である。

PART1「知識もスキルも時間もなくてもAmazonを味方に個人輸入で儲けるコツ」
「個人輸入」と言うと「素人には手が出せない」「時間がないとできない」「よほどのスキルがないとできない」というようなイメージを持たれるのだが、ちょっとしたコツさえつかむことと心構えさえあればだれでも行うことが可能になる。

PART2「日本語ができる中国人パートナーを味方にもっと儲けるコツ」
Amazon中国輸入を行うのであれば中国人パートナーを付ける必要があるのだが、その人の中には味方にならないような人がいる。もっともそのパートナーを味方につけることによってどのようにして儲ける仕組みを作っていくかを取り上げている。

PART3「Amazon中国個人輸入のいちばん気になるお金の流れ」
個人輸入をするためにも儲ける必要があるのだが、その「儲ける」ためには「お金の流れ」を知り、稼ぐ傾向を知る必要がある。その傾向と対策を伝授しているのが本章である。

PART4「Amazon中国個人輸入の儲かるリサーチリストのコツ」
リサーチは稼ぐうえでもっとも重要な要素の一つである。その要素をどのようにして行っていくべきか、本章では「山田メソッド」をもとにしたリサーチの方法があり、それを解き明かしている。

PART5「誰でも簡単!初回オーダーからリピート販売までの手順」
オーダーを取り、リピート販売をするまでには果てしなく長い道のりなのだが、その道のりの中でどのような手順を踏んでいけば良いのかを示している。

PART6「自慢の中国人パートナーと私の生徒たち」
著者も数多くの中国人パートナーやセミナーを行ってきたのだが、その中でも「自慢」と呼べるほどの人々とのインタビューと鼎談を行っている。

「Amazon中国輸入」を知らない人でも第一歩を進めるにはどうしたら良いのか、そして一歩進めた後、どのようにして稼いでいけば良いのかを示したバイブルとも言える一冊である。そのために少しでも輸入に興味を持ったら本書を手に取ると良い。

スポンサーリンク