子どもにプログラミングを学ばせるべき6つの理由 「21世紀型スキル」で社会を生き抜く


私自身プログラミングを勉強したことがあり、仕事にも行ったことがある。もっともプログラミングを勉強したことはパソコンに興味があり、その延長線上としてプログラミングを学びたくなり、様々な言語を勉強することとなった。仕事でも活かすことができただけでなく、自分自身の仕事に幅を広げることができた。

そのプログラミングは最近ではN高と呼ばれるニコニコ動画の高校でも学ぶような機会が出てきたのだが、そもそも子どもたちにプログラミングを学ぶメリットとは何か、そしてどうしてプログラミングは「21世紀型スキル」なのか、その要因を列挙している。

第1章「なぜ子どもにプログラミングの教育が必要なのか?」
プログラミング教育は冒頭にも述べたように高校では職業高校以外でも学ぶことができる機会が増えるようになった。そのために子どものプログラミング教育をすることの重要性を知る機会となったが、これを好機にIT企業がプログラミング教育に積極的に関与するようになった。

第2章「世界で進む子ども向けプログラミング教育」
もっともプログラミング教育が進み始めたのは日本に限った話ではない。海外にも同様のプログラミング教育に広がりを持っている。

第3章「今すぐ学べるスクールとその取り組み」
今すぐ学べるプログラミングは日本津々浦々にある。もっともプログラミングを学ぶことはゲームなどの原理を知ることとなり、ある種のパズルとしてプログラミングを学び、実践する子どもも多い。

第4章「子どもと一緒に学べるウェブサービス&アプリ」
プログラミングをゲーム感覚で学ぶことができる良い機会として一緒に学ぶことができるウェブサービスやアプリを11個紹介している。どれも使い勝手が良く、なおかつ楽しく学ぶことができるようになる。

第5章「迷路ゲームを解いて教育効果を実感使用」
迷路ゲームをプログラミングで解くというのもあるのだが、そのツールとして「Google Blocky」と呼ばれるものである。そのツールを使っていかにして解いていくのかを明かしている。

第6章「ゲームを作って 考え方や解き方がトレーニングできる」
トレーニングは様々な考え方やツールがあるのだが、最も効果的なものの一つとしてゲームがある。もっともプログラミング構成することによりゲームをつくることができるのだが、どのようにして作っていけば良いのか、そのことを取り上げている。

プログラミングの勉強は奥が深い。しかし子どもが勉強をすると様々な可能性を広げることができる。もっとも時代遅れでなく、なおかつタイムリーな部分もある。そのために私自身日本中で広がりを見せているプログラミング教育は賛成である。

スポンサーリンク