死の天使はドミノを倒す

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

とある事件が起こり、警察や検察、弁護士といった人間が関わる。それらの人物の周りには必ずと言ってもいいほど「ミステリ」と呼ばれるものが出てくる。

本書はそれらの他にも売れない作家や編集者などが交わり、「文章」に携わる方々も巻き込んだものである。そこにはある「事件」が共通しているのだが、その事件が「死の天使事件」である。

では「死の天使事件」とは一体どのような事件なのか、そしてなぜ謎に包まれたのか、関わってきた人々が事件に遭遇していったのか、それらの謎が巡り巡って明らかになっていく印象である。

正統派のミステリ作品でありながら、複雑な謎が見え隠れするような物語と言っても過言ではない。とはいえ、物語が進んでいくにつれ謎解きのパズルが埋め込まれていく面白さがそこにあると言える。

スポンサーリンク