親権と子ども

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「親権」と言っても今し方であれば関係ないのだが、離婚の時にそういった争いが起こることがある。その争いはエスカレートすると裁判に発展するというようなこともあり、なおかつ法改正も度々あった。その親権争いと子どもの境遇はいったい何か、そのことを取り上げている。

Ⅰ.「親権とは何か」
「親権」は簡単に言うと「親となる権利」のことを言うのだが、そもそもその親の権利を主張したり、与えたり、受けたりするなど「親権」と言うことばが使われるのは裁判などの法的な場所でのみ用いられる。

Ⅱ.「離婚と子ども」
その親権と子どもの関係とは何かというと、その争いを得ると言うのもあるのだが、他にも子どもを育てるための「養育費」や「面会」といった親権を失った人に対して与えられるようなものもある。しかしそのものでも争いが起こり、裁判になることさえある。

Ⅲ.「親権と虐待」
親権を得たとしてもそこから子育てをするのだが、それが虐待事件に発展するケースも少なくない。その事件を機に親権を失うと言うようなこともある。

裁判ではそういった離婚をはじめ、親権争いはあるのだが、その争いはいかにして起こり、なおかつどのようにして解決に導いていくのか、そのことがよく分かる。

スポンサーリンク