明治乙女物語

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

戦後間もない時もあるのだが、それ以前から「女学校」と呼ばれる学校はあった。それが「婦人学校」といったものもあるのだが、女性としての役割などもまた学べる場所としてもあった。

しかし女学校があった時代には「男尊女卑」と呼ばれるものがあった。その男尊女卑の中で2人の女学生が、その潮流にあらがい戦い続ける女性の姿があった。

ある意味「時代小説」のようであるのだが、その中でも女性の存在とは何か、女性はどうあるべきかが良く分かる。

もちろんフィクションではあるものの、戦前や戦後間もない時ほどではないものの、未だに男尊女卑の風潮は少なくない。そのような時代の中で女性がどう強くなっていけばよいのか、そのバイブルともなる物語である。そのために女性向けの時代小説とも言える。

スポンサーリンク