この「言い回し」で10倍差をつける

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

言葉の使い方一つで人との関わり方や人生も大きく変わってくる。言い回しを一つを変えることはどのような変化か、そして差をつけるにはどうしたら良いのか、そのことを取り上げている。

第一章「うまく頼み事をするにはコツがある」
仕事をするにあたり、相手にやってもらう必要のある仕事も中にはある。他にも相手に助けてもらうようなものもある。その中で使うのが「頼み事」であるのだが、頼み事は会話にするにしても、メールをするにしてもコツがいる。そのコツを行う・行わないの違いによって物事の円滑にするかしないかが分かれる。

第二章「言い訳も言葉次第で変わります」
言い訳は見苦しい印象にあるように見えて、実は言い訳にしても一つ行うだけで、相手からの見苦しいという印象が消え、むしろ「そうなのか」と思ってしまうようになる。その方法を伝授している。

第三章「リアクションに困ったら」
リアクションをすることはコミュニケーションを取る際に必要なことであるのだが、その必要なことの中でリアクションがどうしても取れない人がいる。リアクションをどうやって取ればよいのか分からない人もいるのだが、どうやって取ったら良いのかを取り上げている。

第四章「お詫びも挨拶も言い方一つでガラリと変わる」
挨拶やお詫びは重要なことであるのだが、その挨拶一つだけでも良い悪いがハッキリと分かれる。見た目は第一印象であるのだが、その見た目以外にて表れる第一印象として「挨拶」なり「お詫び」なりがある。

それだけ重要なものであるので細心の注意を払う必要があるがもしあなたがふとしたことでうっかり使っている言葉が誤っているのであれば本章でもって改善した方が良い。

第五章「心をくすぐるほめ言葉に気づかい術」
相手を褒めることによって相手のモチベーションを上げることが出来る。褒めることを良しとしない人もいるのだが、相手は褒めることによってやる気のスイッチをつけることが出来る。ほめ言葉を使うにも一つだけで色々と考えられることがあるのだが、その方法をいくつか列挙している。

言い回しは使い続けることによって身につけられる。使い続けるためにも本書でもって実践し続けていくことが、言い回しの改善を通じた仕事の質やコミュニケーション改善の近道と言える。

スポンサーリンク