勉強が大好きになる花まる学習会の育て方

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

勉強は学生にとっては大切なことであるのだが、人によっては勉強が好き・嫌いが大きく分かれる。その嫌いである勉強を好きにさせ、学力を上げるようにするために、「花まる学習会」ではどのような事を行っているのか、代表者自らが明かしている。

第1章「お母さんとお父さんが心得ること」
勉強には環境作りが必要であるのだが、その環境は子どもだけではまかなうことは不可能である。そのため親の心得がどうしても必要になってくる。その中で子どもが親に対してどのように向き合うか、そして教育を行うための「時間軸」の把握をする方法などを伝授している。

第2章「わが子をどのように育てたいのか」
子育ての多くは親が行うのだが、それだけでなく、学校の先生など多くの大人が関わってくることとなる。その関わってくることとなる中でどのように育てる、勉強から食事に至るまでもうワラサテイル。

第3章「幼児期の子どもへの接し方と勉強のさせ方」
幼児期に関わらず、時期によって接し方や勉強のさせ方、距離感など、方法が異なる。幼児期は非常に純粋なのだが、純粋な時期だからでこそ、吸収力も非常に強い。そのためありとあらゆる体験を行っていくことが必要になる。

第4章「思春期の子どもとの距離の取り方と学ばせ方」
思春期になってくると色々な「悩み」が多くなってくる。その多くなる悩みに対して自分自身と向き合うことが大切になるのだが、向き合わせるためにはどのように先生や親は接したら良いのか、そのことを取り上げている。

教育のあり方は人、環境それぞれであるのだが、それぞれであるからでこそどのように育てるのか親も先生も考えていく必要である。そのヒントが本書にある。

スポンサーリンク