カテゴリーキング Airbnb、Google、Uberはなぜ世界のトップに立てたのか

株式会社オトバンク 上田様より献本御礼。
会社の中にはリーディングカンパニーと呼ばれる会社がある。それはある業種についてトップを走るような企業、あるいは有名な企業を指すのだが、他にもあるカテゴリーに対して常にトップを走ったり、変革の先頭にいたりするような企業や団体を本書のタイトルにある「カテゴリーキング」として表している。もちろんそのキングたちは経済に対しても大きな影響を与えている。そのカテゴリーキングと呼ばれる企業はどのような企業なのか、どのようにしてなったのか、そしてどのようにキングであり続けるのか、そのことを取り上げている。

第一部「カテゴリーキングの経済」
カテゴリーキングと呼ばれる企業は経済に大きな影響を与えているだけでなく、概念や技術の変化にも営業を与えている。もっとも「カテゴリー」と類される要素としてどのようなものが挙げられるのか、そのことについても取り上げている。

第二部「カテゴリーキングのプレイブック」
「カテゴリー」はとある分野のことを指しているのだが、それを見つけ、成長することにより様々な変革や成長を及ぼす企業となる。もちろん成長の中には様々要素が必要であるのだが、その要素についても本章にて取り上げている。

第三部「カテゴリーキングであり続ける」
トップになったらあり続ける必要があるのだが、もっともなることよりも難しい。なぜ難しいのかというと、刻々と変化する状況に対応し、常に先を行く、あるいは想像をし続ける必要があるからである。その変化をいかに続けていくのかを本章にて取り上げている。

カテゴリーを制している企業の中には世界的にも活躍している会社も数多く存在する。リーディングカンパニーとも呼ばれるかも知れないのだが、実際にはカテゴリーの括りとしているためリーディングカンパニーとは言わず「カテゴリーキング」と言われている。もちろんカテゴリーがある分だけキングがいるのだが、キングへの道は会社それぞれであるとも言える。

スポンサーリンク