ゴーレムの生命論

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

ゴーレムというと空想上のもののように見えて、実のところユダヤ教があった世界にて魔術の取得の証とされていたという。もっともその証は「人造生命」としての存在なのであったのだが、そもそもその開発は「夢」となって消えた。

そこから2000年ほどたった今、「科学」の力で生まれようとしている。その生まれようとしている中で倫理的な観点で批判が巻き起こっている。そのことで論争が起こるのだが、そもそもゴーレムは必要なのか、そしてなぜつくろうとしているのか、そのことを取り上げている。

第一部「ゴーレムの伝説」
そもそもゴーレムは「土塊(つちくれ)」と呼ばれるようなものと定義づけられるのだが、その定義の証拠となったのはユダヤ教における「伝説」であった。その伝説によって土塊の「人造生命」と定義づけられたのだが、もっともなぜ「人型」となったのかと言うとこれはあまた別の理由にある。その理由としてユードル・ローゼンベルグの著作がある。

第二部「<怪物>と自動人形」
ロールプレイングゲームなど様々なゲームにおいてゴーレムは怪物として仕立て上げられる。もっともなぜ「怪物」となったのか、そこにも伝承や作品などが挙げられる。

第三部「ゴーレムよ、土に帰れ」
第一部にもある通りゴーレムは土塊の怪物である。その怪物が科学的に開発できるとしたらどのようにして開発されるのか、そしてそれは倫理的に何が行けなかったのかを取り上げている。

もっともゴーレムは空想上のものであるイメージを持っていたのだが、正しいのか正しくないのか分からない。ただ少なくとも「伝説」と呼ばれるほどの昔からゴーレムの定義があったのは間違いない。

スポンサーリンク