スピンク日記

スピンクと言う名前は珍しいのだが、それは本書の表紙にある犬の名前を表している。ちょうど耳に当たる部分がピンク色をしていることから表しているのかも知れない。

そのスピンクと主人との付き合い、なおかつ犬の生態とともに、どのように飼っていたのか、著者と犬との関係と出逢い、さらにはエピソードなどふんだんに織り込まれているエッセイ集である。

犬は忠実な生き物のように見えて、人間にないかわいさと滑稽さが織り交ぜられている。もっとも飼い主目線ではなく、犬のスピンクの目線から取り上げられており、犬の目線からも人間の行動がおかしいことが見えてきているのかと思ってしまうような記載がいくつかある。そのことを考えると「面白おかしく」と言う言葉がよく似合う一冊であり、ほのぼのとしながらも、こういう毎日を送っていたとしたら面白いなと思ってしまう一冊である。

スポンサーリンク