10歳までに身につけたい子どもの続ける力

続けることは大切なことであるのだが、その続けるためには習慣づけることと、なおかつ忍耐を持つこともまた大切なことである。その大切な「続ける」をいかにして教えていくのか、子育ての中でどのようにして「続ける力」を身につけていくのか、その教える要素を伝授している。

第1章「「続ける力」は行動を変えるだけで身につく」
人は多かれ少なかれ行動をする意味ものであるのだが、その行動を少し変えることによって、行動の変化を生じることができ、なおかつ「続ける」原動力を得ることができる。

第2章「「続ける力」が身につく環境づくり」
もっとも「続ける力」は色々とあるのだが、その力を身につくために様々なことを行っていく必要がある。本書はその一つとして「環境」がある。行うための場所はもちろんのこと人間関係を築くこともまた「環境」である

第3章「「続ける力」が身につく教え方」
教えていくことによって「続ける力」を身につける必要ガル。その教える際にも方法があるという。

第4章「「続ける力」が身につくほめ方」
人を褒めることによって伸ばすことがあるのだが、そのほめ方にも一つ違うことによってどのように続ける力を身につけ、育てていくことが大切かを取り上げている。

第5章「「続ける力」が身につく叱り方」
もちろん続けていく中でどこかに障害にであうことがある。その出逢いの中で子供を叱ることがあるのだが、肝に銘じておくべきこととして「怒る」と「叱る」は異なることがある。

第6章「「続ける力」に大切な生活習慣の身につけ方」
生活習慣一つで続けられるかどうかが大きく変わってくる。その変わってくる中でどのような習慣作りが大切か、片付けも含めて取り上げている。

続けることは重要なことであるのだが、その続ける要素をいかにして子供から培っていくのか、そこには「育て方」がある。その道筋を伝授しているのが本書と言える。

スポンサーリンク