「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!

仕事において読むことや、書くこと、そして考えることは必要なことであるのだが、それをいかにして効率化することによって重要な仕事に手をつけることができるようになる。その重要な仕事に時間を費やすためには最速で緊急の仕事を片付けておく必要がある。そのためには速さと時間を意識する必要がある。それらの方法とは何か、その技術を伝授している。

第1章「時間と気持ちをコントロールする技術」
時間と気持ちをコントロールするためにはまずは「最速で片付ける」と言う意識を持つ、そして早く手をつけることが必要となってくる。いわゆるスタートダッシュ肝心である。手をつけていくことによってどんどんと書いたり、考えたりするネタが増えていき捗っていくようになる。

第2章「「読む」を最速化する技術」
書く前にはインプットと呼ばれるものが必要になる。それが「読む」である。その「読む」ことについて情報を読み取る必要があるのだが、その読み取りをいかにして最速で行っていくのか、質の高いアウトプットをするためにはどうしても必要なことである。

第3章「「考える」を最速化する技術」
次は得てきた情報を組み立てる、ようは考える事になる。その考えることにも「論理的思考」が必要になるのだが、論理思考にもレベルがある。そのレベルをいかに深化して行くか、そこには「考え方」がある。

第4章「「書く」を最速化する技術」
最後はアウトプットがある。そのアウトプットをどのようにして行くのか、企画書を作ったり、報告書をしたためたりする中でどのように書いたら良いのか、その基礎としてブログを書くことによって「書く」技術をつけていく。もっとも形式はあるのだが、形式よりももっと中身を重視し、鍛えることが肝心となる。

第5章「仕事の質と効率を押し上げる極意」
仕事を早くするためには一流になる、あるいは目的を持つなどの心構えを持つことが必要になってくる。効率的に、なおかつ質を上げるように仕事をして行くためにはどうしても「心構え」が必要になる。

「読む」「書く」「考える」は仕事を行っていく上で必要になることなのだが、その必要なことをいかにして速く行い、次の仕事、ひいては最も重要なことに手をつけ、時間をかけていくのかが肝心となる。「巧遅は拙速に如かず」と言う言葉を改めて知り、実践するためのエッセンスがここにある。

スポンサーリンク