超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

AIの進歩が止まらない。その止まらないなかで仕事をAIで行うような風潮が出てくるようになり、識者の中には仕事が何割か少なくなるといった論調も出てくるようになった。

もちろん進化に淘汰されてなくなった仕事は古代からの歴史を紐解いていくと数多くあり、そういったことは自然の摂理にもにているところがあるのだが、その中で生き残ることもまた必要なことである。本書はその生き残るための戦略と考え方を伝授している。

第1章「超AI時代の「生き方」―ワークライフバランスを終えて、ワーク“アズ”ライフを始める」
仕事の多くはAIでやってくれるというような進歩をしているのだが、その中であなたはどのように生きたらよいか、自己実現や趣味、さらにはアイデンティティに至るまでのことを取り上げている。

第2章「超AI時代の「働き方」―スペシャリストでありつつ、知識にフックをかけていく」
もっとも核にあたるのが「働き方」の変化にある。マーケティングから
利潤の求め方、さらには広告からコミュニケーション、情報収集に至るまでの変化を取り上げている。

第3章「超AI時代の「生活習慣」―人間特有の「身体性」から生活スタイルを考える」
生活習慣もAIによって変化をもたらすのだが、そのAIによってかえってストレスになってしまう人も少なくない。そのストレスから脱するためにもある「変化」を作る子おとっもまた必要になってくる。コミュニティ・身体性・コストなどについて取り上げている。

AIの時代になり始めていると言っても過言ではない中で、私たちの仕事・生活共々変化を求められている。その変化は受け入れられるものなのか、はたまた受け入れざるものなのかは別として、求められている変化に対応して、自分自身も「変化」をする事もまた必要なことである。

スポンサーリンク