17歳のうた

あなたの17歳はどのような人生だったのか。多くは高校生として青春を謳歌していると思う。かくいう私自身も高校生で、それも部活にのめり込んでいたため、部活の思い出が数多くあった。

本書の主人公は17歳であるのだが、舞妓として働く少女、漁師になるために修行をする少女、ローカルアイドルとして活躍する少女など、17歳の少女を中心としている。

少女たちだけの人生を描いた短編集のように思えるのだが、共通しているのは17歳であること、少女であることだけでなく、「人生の岐路に立たされている」という要素がある。それぞれの悩み、岐路、決断、覚悟が散りばめられており、思春期を乗り越え、青春、そして大人になっていくための階段を上っていくような様子が事細かに描かれている。短編集であるのだが、それぞれの17歳の姿を知ることのできた一冊であった。

スポンサーリンク