F1 ドイツGP ハミルトンが今季3度目のPP! そして優勝予想

結果は以下のとおり(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.666
2 F・マッサ フェラーリ 1:15.859
3 H・コヴァライネン マクラーレン 1:16.143
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.191
5 F・アロンソ ルノー 1:16.385
6 K・ライコネン フェラーリ 1:16.389
7 R・クビサ BMW 1:16.521
8 M・ウェーバー レッドブル 1:17.014
9 S・ヴェッテル トロロッソ 1:17.244
10 D・クルサード レッドブル 1:17.503
11 T・グロック トヨタ 1:15.508
12 N・ハイドフェルド BMW 1:15.581
13 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:15.633
14 J・バトン ホンダ 1:15.701
15 S・ボーデ トロロッソ 1:15.858
16 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:16.083
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:16.189
18 R・バリチェロ ホンダ 1:16.246
19 A・スーティル フォースインディア 1:16.657
20 G・フィジケラ フォースインディア 1:16.963

ハミルトンはイギリスGPの優勝から余裕でしたね。ミスもあったのですがハミルトンのテクニックで見事にカバーしていますから、おそらくポール・トゥ・ウィンの可能性も高いですなぁ。

2位にはマッサ。何とか食いこんだというところでしょうか。前戦もさることながらちょっと調子が悪く、マクラーレンに追いつかれている、むしろ追い抜かれている感があります。スタッフの士気が下がっているのか、マシンに何らかのトラブルがあるのか…。そうなるとライコネンが6番手に沈んだのもライコネン自身のせいとはちょっと言えないかもしれません。

トゥルーリは4番手ですが、決勝はどうでしょうか。予選では結構力を発揮しているのですが、決勝には弱いですからねぇ。ポイント取ったことはあるにせよ予選の順位から維持したことはほとんどないですから…。

中島は16番手、挽回に期待です。

さて優勝予想はこうなりました。

本命:ハミルトン

対抗:マッサ、コバライネン

要注意:ライコネン、トゥルーリ、クビサ

決勝はどうやらウェットになる可能性は少ないようですが、荒れるかどうか、そこまではわかりませんね。初めてのサーキットという考えで行くとハミルトンはそういったことには滅法強いので、ここでも力が発揮するのではないかと。

ライコネンは表彰台以上は上がるかもしれません。1コーナーさえ悪くならなければの話ですが。

あくまで私の勘ですが、良くも悪くもおそらくここがポイントレースのターニングポイントとなりそうです。同ポイントからどのように拮抗状態を破られるのかも注目です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 【F12008】ドイツGPはハミルトンがポール、トゥルーリがセカンドロー獲得!

    最近のF1予選は残り時間がなくなってからが本番のようです。このドイツGPも残り時間なし(最後の1周が勝負ということです)から順位が変動しました。
    ハミルトン選手のポールは金曜日からの流れで順当かと思いますが、ライコネン選手が6位に沈んでしまったことはちょっと残念です。シューマッハ氏が来ていることでマッサ選手は頑張りましたが、ライコネン選手にはプレッシャーとなったのかも(ありえないと思いますが)しれません。
    今回頑張ったのは、トヨタのトゥルーリ選手とルノーのアロンソ選手、ライコネン選手を押しのけて…

  2. F1ドイツGP公式予選結果

    ハミルトンがポール、マッサ、コバライネン、トゥルーリ、アロンソ、ライコネン! いつもと順番が違うトップ6であった。

  3. F1ドイツGP予選結果

    F1第10戦ドイツGPの予選結果です!

  4. F1 ドイツGP予選〜48ポイントへの上乗せ

    ちょうど半分となる9戦を消化したシーズン中盤でハミルトン-ライコネン-マッサが48ポイントで並ぶ混戦のシーズン。10戦目はホッケンハイムでのドイツGP。地元ということでしょうか、ミハエルもフェラーリピットに顔を出していましたが、ここで頭一つ抜け出せるかどうかが、ド……