2008-08-31

書評

反空爆の思想

「空爆は戦争終結を早め、死傷者の数を少なくする」本書のカバー裏にこう書かれている。ちなみにこれ爆弾を投下する側の人間の論理である。簡単にいえばアメリカの論理といっても差支えない。実際この論理はそうかと考えると大空襲により多くの尊い命を失った日本にとっては間違っていると言いざるをえない。
書評

愛国の作法

「愛国心とは何なのか」一昨年の教育基本法の改正によって「愛国心教育」が盛り込まれたが、具体的に「愛国心」というとナショナリズム(全体主義)にもなれば「愛郷心(郷土愛)」なのか定義に揺れる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました