F1 ヨーロッパGP マクラーレンが完全復活ののろしを上げ、予選1‐2!! そして優勝予想

結果は以下の通り(GPUpdate.netより)。

Pos. ドライバー コンストラクターズ Tyres Time
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:39.498
2 H・コヴァライネン マクラーレン 1:39.532
3 R・バリチェロ ブラウンGP 1:39.563
4 S・ヴェッテル レッドブル 1:39.789
5 J・バトン ブラウンGP 1:39.821
6 K・ライコネン フェラーリ 1:40.144
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:40.185
8 F・アロンソ ルノー 1:40.236
9 M・ウェーバー レッドブル 1:40.239
10 R・クビサ BMW 1:40.512
11 N・ハイドフェルド BMW 1:38.826
12 A・スーティル フォースインディア 1:38.846
13 T・グロック トヨタ 1:38.991
14 R・グロージャン ルノー 1:39.040
15 S・ブエミ トロロッソ 1:39.514
16 G・フィジケラ フォースインディア 1:39.531
17 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:39.795
18 J・トゥルーリ トヨタ 1:39.807
19 J・アルグエルスアリ トロロッソ 1:39.925
20 L・バドエル フェラーリ 1:41.413

今回の予選はマクラーレンが強かったとしか言いようがありません。

僅か1周でハミルトンはトップタイムを出して、それ以降はほとんど走らなかったというわけですから、さらにコバライネンもわずかなミスがあったとはいえ、2位に食い込む活躍。

決勝、特にハミルトンは序盤から飛ばし、圧倒的な速さでポール・トゥ・ウィンを獲得する可能性が非常に高いと思われます。

その後ろにブラウンGPやヴェッテル、ライコネンという順ですが、表彰台争いはマクラーレンが1‐2を独占し、どのクルマが3位に食い込むことができるのかというのがカギとなりそうです。

中嶋はマシントラブルでQ1敗退。間違いなくドライバーの責任ではないでしょう。フリー走行では次々と好タイムを出していて、予選でもなかなかの早さを見せているところを考えると、トラブルがなければQ3進出の可能性も高かったわけですから。決勝でポイント獲得は少し難しいかもしれませんが、オーバーテイクショーに期待といったところです。

さて優勝予想です。

本命:ハミルトン

対抗:コバライネン

要注意:バトン、ヴェッテル

最初にも言った通りの理由ですね。3位争いが最も白熱することでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 09F1第11戦ヨーロッパGP予選。

    欧州予選 #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; F1第11戦ヨーロッパGPの予選が22日、スペインのバレンシアストリートコースを舞台に行われ、マクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムをマーク、2番手にもチームメイトのヘイキ・コバライネンが続きマクラ…..

  2. F1 ヨーロッパGP予選〜完全復活

    1ヶ月のインターバルを置いて開催される第11戦ヨーロッパGP。その1ヶ月の間にもミハエルの復帰決定→キャンセル、地元アロンソを有するルノーの出場停止→キャンセル、ピケJr.の更迭、BMWの撤退発表など・・・話題には事欠かなかったような気はしますけどね(^_^;)
    さて、と…….

  3. F1 ヨーロッパGP 予選結果

    ハミルトン、コバライネンのフロントロー独占! 銀河帝国復活の予感がする予選であった。決勝でもこの調子が続けば、シーズン後半のF1はたいへん面白くなるのだが、、、、

  4. F1ヨーロッパGP

    F1第11戦ヨーロッパGP!