F1 イタリアGP アロンソがフェラーリのお膝元でハットトリックを達成!!

結果は以下の通り。(「F1通信」より)

Round14_final

結果から見たらアロンソの完全勝利、今期3勝目獲得ですが、スタートダッシュでバトンに抜かれてラップリーダーを奪われましたが、ピットストップあたりで見事に逆転し、ポール・トゥ・ウィンとなりました。ピットストップ後はテール・トゥ・ノーズとなり、いつ抜かれるかわからない状態でしたが、フェラーリのお膝元で勝つこと、そしてチャンピオン争いに残るという確固たる執念がバトンのオーバーテイクを封じたのかもしれません。

トップ3は予選の順位と変わらなかったのですが、さっきも行ったとおりスタートでは色々とありました。バトンがアロンソをオーバーテイクしただけではなく、ハミルトンがマッサをオーバーテイク使用としたものの、右フロントタイヤがぶつかってしまい、操縦不能になり、結局1周もできないままリタイアとなってしまいました。

ウェーバーはスタートダッシュこそ失敗しながらも6位フィニッシュ。ハミルトンはノーポイントのため、ランキングでウェーバーが再びトップに躍り出ました。

ヴェッテルは4位フィニッシュ、ここ最近のミスは鳴りを潜め、堅実的な走りを見せてくれました。

今回で今シーズンのヨーロッパラウンドは終わり、いよいよチャンピオン争いはクライマックスを迎えます。

次戦は2週間後、シンガポール・マリーナベイ!!

日本勢は可夢偉はスタート前にギアボックスにトラブルが見つかり、ピットスタートを余儀なくされましたが、結局直らずリタイア。

左近は19位フィニッシュでしたが、ピットストップ中にメカニックを轢いてしまうというミスを犯してしまいました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. F1-2010 伊太利亜GP “跳馬組西班牙覇王慟哭逆襲編 ”

    F1-2010 伊太利亜GP “跳馬組西班牙覇王慟哭逆襲編 ” 2010.09.

  2. F1 イタリアGP 決勝

    予選ではアロンソがチームとしても自身としても久しぶりのポールをフェラーリの母国で獲得し、大いに盛り上がった感のある第14戦イタリアGP。地上波の決勝レースはいつもより遅い0:30放送開始でしたが、我慢して起きて観戦しました。スタート・・・の前に、なんと小林可夢偉……

  3. F1イタリアGP(2010 R14)

    F1第14戦イタリアGP!

  4. JB日記 より:

    F1第14戦 イタリアGP 決勝結果

    順位 No. ドライバー チーム 1 8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 2 1 ジェンソン・バトン マクラーレン 3 7 フェリペ・マッサ フェラーリ 4 5 セバスチャン・ベッテル レッドブル 5 4 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP 6 6 マーク・ウェバー レッドブル 7 10 ニコ・ヒュル…

  5. イタリアGPアロンソ制覇

    第14戦イタリアGPはアロンソ制覇で幕を閉じたね
    アロンソ制覇&2位バトン&3位マッサだったけど
    4位ベッテル&5位ロズベルグ&6位ウェバーとなり
    7位ヒュルケンバーグ&8位クビサとなってたけども
    9位シューマッハ&10位バリチェッロがポイントだ
    カム…….

  6. E's Monologue. より:

    フェラーリが凱旋勝利!(第14戦イタリア)

    ヨーロッパラウンド今年最後となるイタリアGP、大勢のティフォシの前で堂々の勝利を収めたのは、フェラーリのF.アロンソでした。ポールポジションからのスタートでしたが、直後にマクラーレンのJ.バトンにかわされてしまい、ピットインで再びトップに立つまでほぼ1秒程を保って争っていました。タイヤ交換後はバトンの追い上げむなしくそのままチェッカーとなり、予選の1-2-3がそのまま表彰台となりました。
    表彰式で眼下に群がるティフォシ達。やはりイタリアではこうでなくてなりません。フェラーリが勝ってのイタリアGPな…

  7. Kyan's BLOG IV より:

    F1GP2010 イタリア

    アロンソがバトンとの死闘を制し、歓喜のV。跳ね馬が1-3 – AUTOSPORT web 勝ったのはフェラーリのアロンソ,2位にマクラーレンのバトン,3位にフェラーリのマッサ。 形の上ではアロンソのポ…

  8. R_Blog O2 より:

    2010年F1第14戦、アロンソとティフォシのための

    2010年F1第14戦イタリアGP。 1位 フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)

  9. 2010 F1 イタリアGP 決勝

    2010年のF1第14戦は、イタリアGP。
    ヨーロッパ最終戦のモンツァ・サーキット。
    ポールポジションを獲得したのは、地元フェラーリのアロンソ。
    2番グリッドにバトン、3番グリッドにマッサ、4番グリッドにウェーバー、5番グリッドにハミルトン、6番グリッドに…….

  10. haru より:

    おはようございます。
    トラックバックありがとうごさいました。私はバトンを応援していましたが、フェラーリの引き立て役に終わってしまいました。チャンピオン争いは混沌としてきました。次のレースが楽しみです。また来ます。

  11. 蔵前 より:

    >haruさん。
    こちらこそいつもコメント&トラックバックありがとうございます。
    フェラーリのホームでフロントロー、そして決勝ではピットで抜かれはしたものの2位フィニッシュは見事だと思います。
    前戦ではアロンソ、バトンどちらもノーポイントに終わったのでこれからウェーバーら上位勢に追いつき追い越す活躍が見たいものですね。

  12. 2010イタリアGP決勝

    F1第14戦イタリアGPの決勝。 グロックは5グリッド降格ペナルティで、最後尾からのスタート。小林は、せっかく13番手からポイントを狙える位置だったのに、ギアボックスのトラブルにより、ピットスタートとなってしまった。 フォーメーションラップのあと、53周でのレース……

  13. 2010年 F1 第14戦 イタリアGP決勝。

    F1 #63674;(゚▽゚*)>シャキーン!!#63903; 2010年 F1 第14戦 イタリアGPの決勝レースが12日(日)、モンツァ・サーキットで行われた。

  14. イタリアGP&ハンチョウ&ジョーカー

    は14戦GPアロンソ制覇だが
    決勝カムイ&ハミルトン早々リタイアで
    カムイ予選13位もトラブル残念だ
    ハンチョウは交換殺人&本庁が…