2013年 F1オーストラリアGP 予選Q1結果、そして優勝予想

結果は以下の通り。

ドライバー  チーム     タイム   N.ロズベルグ  メルセデスAMG  01:43.380  F.アロンソ  フェラーリ  01:43.850  R.グロジャン  ロータス  01:44.284  S.ペレス  マクラーレン  01:44.300  M.ウェバー  レッドブル  01:44.472  F.マッサ  フェラーリ  01:44.635  S.ベッテル  レッドブル  01:44.657  J.バトン  マクラーレン  01:44.688  J.ベルニュ  トロ・ロッソ  01:44.871  L.ハミルトン  メルセデスAMG  01:45.456  K.ライコネン  ロータス  01:45.545  P.ディ・レスタ  フォース・インディア  01:45.601  N.ヒュルケンベルグ  ザウバー  01:45.930  D.リチャルド  トロ・ロッソ  01:46.450  V.ボッタス  ウィリアムズ  01:47.328  A.スーティル  フォース・インディア  01:47.330  P.マルドナード  ウィリアムズ  01:47.614  E.グティエレス  ザウバー  01:47.776  J.ビアンキ  マルシャ  01:48.147  M.チルトン  マルシャ  01:48.909  G.ヴァン・デル・ガルデ  ケーターハム  01:49.519  C.ピック  ケーターハム  01:50.626

順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22

本来であればこの日は予選結果とPP獲得者を挙げる予定でしたが、豪雨による予選中断により、予選が日本時間で午前9時から再開することとなりました。そのため、PP獲得者が決まるのが午前11時頃、そして決勝はその4時間後の15時にスタートとなります。

予選Q1で土曜日のセッションが終わってしまったのですが、ここで順位が決まったのは17番手のマルドナードから22番手のピックまで。22番手のピックのタイムは107%ルールに達していませんが、フリー走行のタイムの考慮により決勝への出走が認められる可能性があります(まだ決勝で走れる保証はありませんが)。

このQ1ではロズベルグがトップタイムを出していますが、Q2とQ3が行われていないこと、またこのQ1は土砂降り、かつスピンやクラッシュも相次いだため、必ずしも速いドライバーが上位についたわけではありません。

明日も雨の予報が出ているため、土曜日ほどではありませんが、波乱に満ちた予選・決勝になるでしょう。

では、優勝予想と行きましょう。

本命:ヴェッテル

対抗:ウェーバー

要注意:ロズベルグ、アロンソ

予選のPP予想とほとんど変わりません、というよりも決勝も何が起こるかわからないことを考えると、予想はつきません。

いちおう「決め」で予想するしかない、という状況です。

スポンサーリンク