初恋料理教室

私自身料理をし出してから料理が楽しくなることがある。時間はかかるものの、料理をする前の材料集めから調理に至るまで、色々なアイデアを使うなど頭を使う。そのことで思いも寄らなかった気づきを得ることができ、仕事でも転用することがけっこうある。そのことから料理は好きだが、まだまだ味は良くなく「下手の横好き」と言う言葉を使ってしまうほどである。

本書の舞台はとある料理教室が舞台になっている。「男性限定」となっているところが魅力的であり、もし自分が料理教室に通う事になったのであれば本書のような料理教室に通いたいと思っているほどである。

その教室で作られる料理には様々なドラマがあり、なおかつそれぞれの家族・恋の事情があり、それを反映している料理が次々と出てくる。そのため料理だけではなく、心まで満たされるような一冊であった。

スポンサーリンク