STARTUP(スタートアップ) 起業家のリアル

一昔前と比べて今は起業しやすい環境にあると言える。しかしながら門戸は広くあるのだが、成功する可能性は100人に1人に近いほど低いものである。また成功をするにしても、サラリーマンでいることよりも遥かに「茨の道」と呼ばれるようなプロセスを歩むこととなり、それを乗り越えることで起業家として成功をして行く。その成功をするためのスタートアップの方法を成功した起業家たちの取材を通じて解きあかしている。

PartⅠ「「ユニコーン」を探せ!」
「ユニコーン」というとギリシャ神話に出てくる伝説的な生き物であるのだが、それにユニークを重ねて個性的、かつ伝説的な起業家を「ユニコーン」と表しており、それを探すことについて官民問わず行われているという。

PartⅡ「注目の起業家5つの物語」
本章では注目の起業家5人を取材し、ある種のサクセスストーリーとしての物語を描いている。中には今となっては有名は起業家もいれば、ニッチの所を就いて成功を遂げた起業家までいるという。

PartⅢ「「起業大国・日本」への道のり」
日本では起業の門戸は広がっているのだが、そこから成功するまでがほとんどいない。もっともそれが成功できるように盛んにすることもまた必要であるのだが、そのモデルケースはどこがあるのか、本章ではそれを解きあかし、起業大国にするための提言を行っている。

起業は今もなお行われているのだが、成功している起業家は一握りはおろか「一つまみ」ほどしかいない。しかしながらそのチャレンジをする環境をつくる事もまた、日本の起業を活性化することの一つとして挙げられるのだが、どのようなことが必要なのか起業家たちの取材がそれを証明しているのかもしれない。

スポンサーリンク