幸せ嫌い

何というタイトルをつけたのかと思ってしまったのだが、本書における「幸せ」は結婚と言った人間関係における「幸せ」に対する嫌気と言える。いわゆる「結婚嫌い」でも良いのでは無いかと思うのだが、その結婚以前の恋愛に対しての嫌気もあるため、その部分で「幸せ」と指しているのかもしれない。しかしながら、もっと考えてみるとそれだったら「リア充嫌い」と言っても良いのではないかとも思ってしまう。

タイトルにケチをつけるのはここまでにしておき、本書はその結婚における幸せについて、婚約破棄に遭ったり、結婚詐欺の被害を被ったりと、結婚にまつわる様々な不幸に出くわし、未婚のまま過ごすこととなってしまった。

そのあらすじを見ただけでも結婚に対する「嫌気」はあるのも仕方がないように思えてならないのだが、そこから結婚相談所にてアルバイトを行ったことから恋愛や結婚観が変わっていくのだが、出来事によって「結婚」や「恋愛」に絶望してからの「変化」はかなり痛快かつ面白かった。

スポンサーリンク