日本のすごい食材

日本の食材はすごいものがあり、なおかつ海外でも人気の食材もある。中には高級食材として輸出されているものも少なくない。

日本の食材は海外でも人気であることもすごいのだが、その日本の食材の中には技術的に伝統的に「すごい」と思わず叫んでしまうほどのものもあるのだという。本書はその日本におけるすごい食材を余すところなく取り上げている。

第1章「最新技術がすごい!」
まずは高級魚はもちろんのこと、さらには日本において海外でも轟かせるほどのブランド、もっというと世界三大珍味の一つを「国産化」するといったことも行われていたことに、思わず「すごい!」といってしまう。

第2章「自然がすごい!」
自然食品に為ても、健康においての成分のあれば、季節的な果実を、真逆のシーズンでも生産できるもの、さらにはスーパーフードなるものも出てきている。

第3章「ブランドがすごい!」
もっとも日本の食材には「ブランド」になっているものも多く、それが世界に渡って名を馳せているものも少なくない。牡蠣にしても、芋にしても、山椒にしても、さらには紅茶にしても「国産」ならではのものもある。

第4章「伝統がすごい!」
日本食の食材には地域性があるのだが、その地域性の中には、他の地域ではなし得ることができないものも少なからずある。

日本の食材にはこんなに「すごい」と言ってしまうほどの食材がある。日本ならではの伝統の食材はもちろんのこと、最新技術によって作られた食材もある。日本は食の面で遅れているように見えて、むしろ進んでいるといってもおかしくない。

スポンサーリンク