2019年05月19日一覧

厨師、怪しい鍋と旅をする

何とも奇怪な鍋があったものかと思ってしまった。本書はファンタジー小説の類に入るのだが、とある厨師(ちゅうし、料理人のこと)が鍋と出会うことから物語が始まる。しかしながらその鍋は、「この鍋、作らないでいると人を襲います」(帯紙より)とある。

スポンサーリンク