プラチナ・ゴールド 警視庁刑事部SS捜査班

警察小説」と言うと刑事の活躍が多く見受けられている。本書もまたそのような一冊であるのだが、女性刑事2人が事件捜査を行い、解決に導くというものである。

ある窃盗団を追って捜査を進めるのだが「通信障害」が発生してしまう。警察側のミスかと思いきや、実は犯人の陰謀だった。捜査の失敗を受けて左遷された女性刑事は後輩と新たなる捜査へと乗り出す。その「捜査」は通信障害を装った特殊犯罪であった。

「特殊犯罪」となると刑事モノにならないのではと思ったのだが、「通信障害」が大きなミソであり、その通信障害を引き起こした手がかりと犯人を追うために東奔西走をする刑事たちが描かれている。

刑事モノの中では新しい要素が本によっていくつも存在する。女性と言うよりも本書は特殊犯罪の方が強く、なおかつ特殊犯罪ならではのやりとりも数多く存在する面白味のある一冊である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました