投資術一覧

東京・都心 中古ワンルームマンション経営

不動産投資というと多くの種類があるのだが、本書はその中でも「東京」で、「中古ワンルームマンション」を経営することにより、大もうけというわけではなく「堅実」に「安定」した収入を得ることができるという。会社員でも安定したミドルリターンをえることができる、その術を本書でもって知ることができる。

2021年まで待ちなさい!

資産の殖やし方はここ最近を見てみると多岐にわたってきているのだが、買う時期は時代によっても変わってくる。本書は株式投資を主軸としているのだが、その中でも「日本版GAFA株」を狙った方が良いと主張している。なおかつ購入にしても2021年まで待った方が良いと言うことを重ねて主張している。

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30

お金持ちになりたいという願望を持つ人はけっこういる。しかしどのようにしてお金持ちになったら良いのか多くは「わからない」と答えるだろう。本書はその「お金持ち」に鳴るために、稼ぐ、増やす、貯めるなど、様々な方法を通して、お金持ちになっていくための「知恵」を30個取り上げている。

社会人なら知っておきたい金融リテラシー

私自身お金の勉強はすべきだと思っている。もっとも景気は回復しているにもかかわらず、実感がないような方々も多くいる。特にリーマンショック以後の景気が降下した時期にお金の勉強を始め、資産運用を行うようになった。それからアベノミクスによる景気回復をきっかけにお金を残せるようになった。

大富豪サラリーマンの教え

サラリーマンはもはや安定した職業ではないと著者は主張しているのだが、全くその通りかもしれない。前々から「ワーキングプア」が出てきて、サラリーマンとして働いていても、生活することができない。

「3年で資産1億円」の築き方

人生において大事なことはいくつもあるのだが、今となっては「お金」もそのうちの一つに入る。そのお金を持つことは生きていく上で必要になるのだが、人生を送っていく上で、どれくらいの資産が必要になってくるのか、人それぞれなのかもしれないのだが、本書ではあくまで「1億円」と定義している。

FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由

ここ最近「不動産投資」にまつわる本が多い。もっとも自分自身の書評もそれが多いのだが、書店に足を運んでみると不動産投資に関する本の種類も増えているのは否めない。その理由とは老後対策として、資産形成を行う、あるいは安定した収入を得ることができることから「不動産投資」が注目視されるようになった。

スポンサーリンク