おとな

書評

おとなが育つ条件――発達心理学から考える

「おとな」が現在、一人前になっている以前に、社会の変化に対応できていない、もしくは対応しておらず成長そのものが止まっているように著者は見えている。では、著者が指し示す「おとなの発達」とはいったいどのようなものなのか、そもそも「おとな」とはどのような存在なのかについて、本書を通じて議論をしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました