お金持ち

書評

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30

お金持ちになりたいという願望を持つ人はけっこういる。しかしどのようにしてお金持ちになったら良いのか多くは「わからない」と答えるだろう。本書はその「お金持ち」に鳴るために、稼ぐ、増やす、貯めるなど、様々な方法を通して、お金持ちになっていくための「知恵」を30個取り上げている。
書評

なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?

ユダヤ人というと大富豪のイメージが強くあり、自己啓発書の中にはそれに関連する本も数多く出ているほどである。その要因とは何か、そこには「聖書」がキーポイントとしてある。「聖書」もまたかつて当ブログにて取り上げたのだが、聖書はビジネスに通ずるところがいくつも存在しているという。
書評

1万2000人を見てわかった! お金に困らない人、困る人

お金に困る人もいれば、逆に困らない人がいる。もっとも仕事によってそういった人が分かれ、なおかつ10年後には立場も大きく変わってくる。その変わっていく中でどのような人がお金に困らないのか、そしてそうなるためにはどのようなことを行えばよいのか、1万2千人の調査を元にして明らかにしている。
書評

金持ちは崖っぷちに住む

金持ちは崖っぷちかというとそうではない。もしかしたらかつて放映されていた「火曜サスペンス劇場(火サス)」のファンというイメージも出てしまう。というのは主役を多く務めた船越英一郎と片平なぎさが崖の上で解決のやり取りをしているシーンを連想してしまうからである。
書評

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

年収が高ければよいというものではない。だからと言って年収が少ないと生活が立ち行かなくなってしまう。そのためにも年収は必要になってくるのだが、本書はただ年収が高ければ良いというわけではなく、その年収をいかにして使い、お金を増やしていくか、というよりも「殖やしていく」といった方が正しいのかもしれない。
書評

お金持ちになる男、貧乏で終わる男

お金持ちになる人、貧乏になる人、成功する人、成功しない人など、そうなるのにも理由がある。その理由に「習慣」は避けて語ることができないほどである。その「習慣」には、色々なものがあり、本書でも「思考」「付き合い」「金銭」「時間」「こだわり」「勉強」「言葉」と多岐に渡っている。
書評

なぜ貯金好きはお金持ちになれないのか?

自分の周りにも貯金好きな人が多い。社会的にも私たちの世代は「嫌消費世代」と呼ばれるのだから消費を極端に嫌い、何の目的も無く「貯金」や「預金」に走ってしまう。私自身も社会人になりたての頃はそうであったが、投資に関しての興味を示したとき、目的なしに貯金をする事をやめた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました