ことば

書評

詭弁論理学

元々本書は今から43年前の1976年に出版された。よくある「論理学」はかなりとっつきにくい部分があるのだが、本書はわかりやすい形式にて書かれているため、ある種の「入門書」として、「論理」を学ぶための「言葉遊び」としての要素があり、とっつきやすく作られている所で人気を呼び、本書は現在になぞらえて改版した一冊である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました