しきたり

書評

伯爵家のしきたり

しきたりを学び、会得することはどうしても必要なことである。特に日本人としてのマナーを学び、身につけることは日本人であるがゆえに必然的に求められる。
書評

知っておきたい日本のしきたり

今日は元日である。中には「元旦」と言う方もいるのだが、「元旦」は初日の出など「元日の朝方」のことを表している。なぜそうなったかについては色々と調べてみると良いので、ここでは割愛する。ちなみに本書はそういった正月の定義と言うよりも日本の「しきたり」とはいったいどのようなものがあるのか、そのことについて伝授している。
書評

お座敷遊び~浅草花街 芸者の粋をどう愉しむか~

お座敷とお茶屋両方に存在する決まりがあり、それは「一見さんお断り」というもの。馴染みの客の紹介で無ければ入ることができない。そのため格調高いと言える所であるが、本書は浅草におけるお座敷遊びの醍醐味を余すところなく紹介している。
書評

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心

正月、節分、ひな祭り、端午の節句、お盆、お彼岸・・・行事を挙げるだけでも枚挙に暇がない。さらに地域ごとの行事を足すと、何倍にも何十倍にもなるだろう。しかし日本人はそういった「しきたり」と言うのを大事にしているというあらわれかもしれない。本書は日本人のしきたりや行事を様々な角度から解き明かした一冊である。
書評

江戸人のしきたり―日本橋、天麩羅、三社礼、寺子屋、歌舞伎、吉原…日本人の知恵と元気の源泉

江戸時代というと様々な文化が栄えた時代でもある。しかし鎖国状態であったため海外からの文化を取り入れるということではなく、日本独自に築き上げた文化であったため、幕末に外国からきた者たちは非常に珍しがり、かつ畏敬の念を払ったとも言われている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました