できること

書評

<できること>の見つけ方――全盲女子大生が手に入れた大切なもの

全盲の女子大生が、10代の頃、可能性について否定され、それでも「できること」を見いだし、壁を乗り越えてきたのか、石田氏自らの経験をもって生きやすい社会のあり方を提示している。
書評

花の冠 ~ 震災から一年、今も咲き続ける絆と言う名の「花」

2011年3月11日 14時46分。日本全土が揺れ、東北で大津波に遭い、多くの命が失われ、家々も失った。「安全」といわれた原発もメルトダウンを起こし、故郷を失った人々もいる。地震や津波、それはありとあらゆるものを失ってしまう。その失ったところに咲く一輪の花。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました