もの

書評

日本語の哲学へ

本書の著者はNHK経営委員の一人で「朝日新聞東京本社襲撃事件」を起こし、拳銃自殺を遂げた野村秋介を礼賛する発言が話題を呼んだ方の一冊である。 元々著者は哲学者であり、欧米における近代哲学を片っ端から批判しつつ、日本ならではの探求し、掘り起こした、現代日本哲学を形成づけた立役者の一人として知られている。
書評

誰かが足りない

人は誰しも「足りない」という感覚になった人は一度でもあることだろう。「食べる」と言うような生理的な欲から、自己実現や目標達成といった自己顕示や承認の欲などが満たされない時に「足りない」と思ってしまう。 本書の舞台は、古くさく小さなレストランである。小さなレストランでありながらも人気店で、いつも予約でいっぱいになる様な場所である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました