ろう者

書評

Sign with Me~店内は手話が公用語

商品が多様化するように店もまた多様化する。様々な環境に置かれ、様々なハンディを持つことももはや珍しくない。耳が聞こえず、手話でしか話すことのできない、いわゆる「ろう者」もまたその一部である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました