アスペルガー症候群

書評

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

人生はなにが起こるのかわからない。想定外の出来事は突然として起こり、時にはその状況に対して相容れられないようなことさえもある。本書の著者はアスペルガー症候群といった発達障害にかかり、中学生で不登校となり、その後家の仕事を手伝っていくうちにコーヒー焙煎士となった。
書評

アスペルガーですが、 妻で母で社長です。

突然だが「アスペルガー症候群」はどのような症状か聞いたことがある人はいるだろうか。調べてみたら、「社会性・興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害である。」(Wikipediaより)とある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました