エゴイズム

書評

エゴイスト

「愛とは何か?」本書を読んでそのことを私の胸に突きつけられた。親子愛、歪んだ愛、それぞれ形の違った「愛」が交錯していた。14歳という心的に「思春期」と呼ばれている時期に母が亡くなった男と、病に冒された母を抱える男の関わりの物語である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました