エネルギー

書評

心を休ませるために今日できる5つのこと マイクロ・レジリエンスで明日のエネルギーをチャージする

今の社会は「ストレスフル」と呼ばれるものである。そのストレスのみならず、人間関係の拗れによって心が疲れ、それが起因となり、精神的な疾患を患うことも往々にしてある。そのような疲れから開放されるためには「休み」が必要であるのだが、その方法や考え方が必要である。そのメソッドについて5つに分けて伝授しているのが本書である。
書評

人は100Wで生きられる~だいず先生の自家発電「30W生活」~

3年前に起こった東日本大震災、そして福島第一原発事故を機に世論は「脱原発」の声が高まっている一方で、電力不足を補うべく原発再稼働を求める動き、脱原発をやりながら自然エネルギーに転換しようとする動き、同じく脱原発でありながらもGTCC(ガスタービンコンバインドサイクル発電)に転換しようとする動きもある。
書評

エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う

東日本大震災以降、原発に対するバッシング、さらに脱原発の声が高まっている。政府も長期的に「脱原発」を行うことを明言したのだが、原発に代わるエネルギーをどうするのか、という論争が続いている。
書評

日露エネルギー同盟

海外に目を向けてみると、アメリカでは2017年までには世界一の原油差案出国になる見通しを立っており、さらに「シェール(頁岩:けつがん。堆積岩の一種で)」と呼ばれるオイルやガスの開発を進めており、自国だけで需要をまかなえるようにするのだという。
書評

里山資本主義~日本経済は「安心の原理」で動く

「里山資本主義」とはいったいどのようなものか、そしてその資本主義は日本に対し、どのようなものをもたらしてくれるのだろうか。著者とNHK取材班は中国山地で「里山資本主義」の片鱗を取材し、得てきたことを形にしたのが本書である。
書評

エネルギーの科学史

エネルギーの歴史はどのように進化をして行ったのか、各々のエネルギーの進化とこれからについて取り上げている。
書評

図解 次世代エネルギーの基本からカラクリまでわかる本

日本で賄われている発電エネルギーは主に「火力」と「原子力」である。しかし、「火力」では原油資源の減少にみまわれ、「原子力」は安全性・環境面の観点から廃止すべきだという声が後を絶たない。その中で注目されるのが、太陽光などの「新エネルギー」であるが、課題が山積していることは言うまでもない。
書評

どうする!依存大国ニッポン

日本は何もかも依存してしまっている国と見られても仕方がない。すでにいくつかの本でも説明しているが日本の食料自給率は40%(カロリーベース)である。食糧のほとんどが輸入に頼っている現状がある。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました