エール

書評

自然災害とストレスマネジメント それでも僕らは歩み出す

「被災地から被災地へのエール」本書はそのための一冊と言える。阪神淡路大震災では崩壊した瓦礫による圧死を中心に約6500人もの命が失われた。それだけではなく、その災害により、多大なストレスに押しつぶされ「震災関連死」により自殺する人もいた。しかしそれはメディアでは取り上げない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました