オーディション

書評

キラリと輝く気くばり ─光る人財になる極意─

「人生は毎日がオーディションである」 社会人になると、この言葉は知らずとも様々な場でその言葉を痛感させられてしまう。その「オーディション」で他人に認められるためには「気くばり」を磨くことにある。では、「気くばり」はどのように磨くのか、本書は初対面からメールに至るまでのケースを「松・竹・梅」に分けて紹介している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました