カレー

書評

つながるカレー―コミュニケーションを「味わう」場所をつくる

本書のサブタイトルにある「コミュニケーションを「味わう」場所」は様々とある。例えば「食事会」や「朝食会」などを使ってコミュニケーションをする機会があるのだが、本書はあくまで「カレー」が基軸にある。しかもすでにあるものを食べるのではなく「カレー」をつくるところからはじまるのだという。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました