ギャグ

書評

豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

ミステリーであるのだが、怖さと言うよりも笑いと面白さがものすごく強いため、あまりミステリーを知らない方々にとっては非常にとっつきやすい、と言うか電車で読んでいけない一冊である(あまりにもおかしいため)。
書評

大癋(べし)見警部の事件簿 リターンズ 大癋見vs.芸術探偵

読みづらい名前であるのだが「おおべしみ」と呼ばれている。表紙にもある顔が「大癋見警部」の顔であるのだが、「名は体を表す」ならぬ「名は顔を表す」言える。
書評

植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」

「わかっちゃいるけど、やめられない」これは植木等、ひいてはクレージー・キャッツのヒット曲の一つと言われている「スーダラ節」の一節である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました