シェフ

書評

シェフの哲学―食の探求から三つ星レストランの運営まで

「研究」と「美味」への追求は本書で紹介される「三つ星レストラン」のシェフも例外ではない。19歳から料理の世界に入り、現在は三つ星レストランのシェフとして、辣腕を振るう著者が自らの半生を振り返りながら「シェフ」とはどのような存在なのか、そして「食」とは何なのかを「追求」しまとめたものである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました