ADHD

書評

天才と発達障害

天才と呼ばれる方々の多くは、何かしらかのハンディやリスクなどを抱えている。もっともその中には端から見ると「精神異常」にも見えるような人もいた。少し話が変わるが、かねてから取り上げられた「発達障害」についても元々は病気ではなく、特徴として捉えられたという話もよく聞く。
書評

仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!?

精神的な障害は数多くあるのだが、その中でも本書は「ADHD」と呼ばれる病にかかりながらも仕事や生活の困ったものを解決していくものであり、もっともADHDは年々増えてきているのだがそのような状況をいかにして克服するというよりも、うまく付き合うためにはどうしたら良いのかを中心にしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました