OL

書評

オレンジシルク

本書の著者の神田茜氏は作家でもあるが、それ以上に講談師である。講談を通じて様々な作品に触れたことにより、2011年に「女子芸人」でデビューし、作家の道を切り拓いた。
書評

ランチのアッコちゃん

地味な派遣社員がプライベートな出来事で落ち込んでしまい、仕事も身が入らなくなり、さらには食欲も無くなってしまった。そこへ同じ女性ではあるものの、雲の上の存在として知られる通称「アッコさん」から指令を受けるようになる。
書評

ショットバー

本書の主人公はある商社に勤めているOLで、バリバリのキャリアウーマンと言いたいところだが、顧客のクレームに辟易し、不満をぶつけたくなる毎日だが、彼氏もいて、そろそろ結婚も考えていた。デートをする前に時間ができてしまって、とあるショットバーに立ち寄った。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました