カネ

書評

カネと文学~日本近代文学の経済史

本書は「文士」や「文壇」が儲かるようになってきたきっかけと、出版メカニズム、さらには社会的地位の獲得などを成し得た仕組みについて迫っている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました