書評

事業承継の羅針盤 あの優良企業はなぜ対策を誤ったのか?

会社を長く続ける場合には単独で長期間社長や会長などのトップの座にいることには「年齢」と言ったところで限界が生じるため、「引き継ぐ」と言ったことが必要である。その「引き継ぎ」こそ「事業承継」と呼ばれるものであり、多くの会社では行っている。しかし行い方により、せっかく育った事業が衰退し、最悪倒産をしてしまうことも少なくない
書評

小麦の法廷

新米弁護士が初めて刑事裁判の弁護人を務めたのだが、その事件はやがて大きな事件に巻き込まれるというものである。しかも「弁護人」と言う立場になったことにより、犯罪に加担しているのではないか、とメディアにも目を向けられ、中には罵倒というような言葉を受け取られるほどであった。
書評

カガク力を強くする!

「科学」はもはや私たちの生活には切っても切れないほどである。文明が生まれ、そし様々な技術が生まれるようになった。それも全て科学の恩恵によって革新され、進化をなし得る元の一つとして上げられる。その「科学」は新しい実験を行うために、仮説・検証などを行うことによる繰り返しになる。
スポンサーリンク
書評

国際人権入門――現場から考える

日本国憲法では辞書でも書いてある「基本的人権の尊重」が第11条に明記している。しかしながら現在「人権」はどうなっているのか、国内外における人権についての現状とこれからについて取り上げたのが本書である。
書評

平成金融史-バブル崩壊からアベノミクスまで

平成の時代は金融関係に大きな変化をもたらしたとされている。しかしその「変化」は経済そのものの変化に直結しているところがあり、その直結が「破綻」といった言葉が出てきた時期もあった。その約30年にも及ぶ平成における金融の歴史について、出来事とともに取り上げている野が本書である。
書評

伊達女

「独眼竜」として恐れられ、なおかつ「心に鬼を棲まわせた」と言わせるほど苛烈な性格を持っていた伊達政宗の周囲の女性は、美しくも、あたかも「女傑」と呼ばれるような女性たちがいたという。
書評

バブル経済事件の深層

平成に入った直後にはバブル景気の絶頂期だったのだが、やがて崩壊し、失われた10年ないし20年と呼ばれる時代に入った(本書では30年と主著している)。バブルの負債を返済するような時代の中で、経済的な事件も次々と起こった。
書評

図解でわかる! 伝わるプレゼン

よくビジネスマンの仕事の中でも多かれ少なかれ「プレゼン」を行う機会があるかもしれない。しかしいざ「明日からプレゼンやれ」と言われると、準備に手間取り、そしてイザ本番となると、うまく行かないといった事が起こりうる。
書評

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

フリマアプリ「メルカリ」が生まれたのは2013年の7月の時である。そこから瞬く間に広がりを見せて、今となっては日本・アメリカなどで使われている。しかしながら、今年の新型コロナウイルスにまつわるマスクなどの転売を始め、配布されているものやチケットなどの転売も相次いでいる事からネガティブな印象が強く持たれている。
書評

家計簿と統計―数字から見える日本の消費生活

消費者物価指数は購入するものに対して、家計調査は「家計収支」や「個人消費」の動向にフォーカスを当てている。どちらかというと実体経済を知るとしたら「家計調査」であるとも言える。ではこの家計調査の結果は日本の経済の変化のなかからどのようにわかるのか、その統計の歴史と実態について追っている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました