コンセプト

書評

コンセプトのつくりかた

世界にイノベーションを起こすアイデアを思いつくことは誰にもある。そのアイデアを生み出すための考えにある。その「コンセプト」をいかに作っていくのか、本書は「Wii」の開発に携わり、現在では郷里の八戸市で地元企業やNPO団体のコンサルティングに携わっている方が伝授している。
書評

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

「アイデアマン」というと、いろいろなものを結び付けて新しい組み合わせをつくっていくことを思い出すが本書はそう言ったものを作り出す人間、いわば「アイデアマン」こそ「これから身につけなければいけない力」であるということを説いている一冊である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました