3.11

書評

ハッピーバースデイ3.11~あの日、被災地で生まれた子どもたちと家族の物語

あの震災から4年を迎えた。復興に向けて歩を進めてはいるものの、未だに傷跡は癒えていない。それだけにもどかしさも感じてしまう。しかし、悲しみに満ちた震災の中で産声を上げた音がそこにはあった。それは新たなる命の誕生の音である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました