OJT

書評

これからのOJT いかにして成果を出す人材を育てるか

私は社会人1年目であるのでOJTを受ける立場である。しかしこれから社会人生活をやっていくにあたり新人に対してOJTを行うということは避けて通れない。そこで本書で学びつつOJTとは何なのか、OJTをやる側はどのような対応が望ましいのかについて、受ける側はどのような姿勢が望ましいかという両面的な観点から見てみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました