投資術

書評

仕組み化であなたの物件の稼働力 収益力を最大化

新型コロナウイルスの影響により、経済的に冷え込んでいる。不動産業界もまた例外ではなく、価格の下落が響いているような状況にある。また不動産投資を始める、あるいは続ける中でも「融資」の面でも厳しい側面があるという。
書評

内藤忍の「アセットアロケーション革命」 人生を変える「お金の成功戦略」

元々著者も長らく主張していた「長期分散投資」があるのだが、それを発展した形の投資法である。本書はそのアセットアロケーション革命における資産運用の方法と実践について取り上げている。
書評

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門

本書のタイトルにある「FIRE」は「火」の事を表すのではなく、「Financial Independence and Retire Early」の頭文字4つを合わせたものである。米国では台頭する経済的自由を達した中でのリタイアを表しており、著者自身は30歳にして、「FIRE」を達成し、セミリタイアを行っているという。
スポンサーリンク
書評

東京・都心 中古ワンルームマンション経営

不動産投資というと多くの種類があるのだが、本書はその中でも「東京」で、「中古ワンルームマンション」を経営することにより、大もうけというわけではなく「堅実」に「安定」した収入を得ることができるという。会社員でも安定したミドルリターンをえることができる、その術を本書でもって知ることができる。
書評

2021年まで待ちなさい!

資産の殖やし方はここ最近を見てみると多岐にわたってきているのだが、買う時期は時代によっても変わってくる。本書は株式投資を主軸としているのだが、その中でも「日本版GAFA株」を狙った方が良いと主張している。なおかつ購入にしても2021年まで待った方が良いと言うことを重ねて主張している。
書評

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30

お金持ちになりたいという願望を持つ人はけっこういる。しかしどのようにしてお金持ちになったら良いのか多くは「わからない」と答えるだろう。本書はその「お金持ち」に鳴るために、稼ぐ、増やす、貯めるなど、様々な方法を通して、お金持ちになっていくための「知恵」を30個取り上げている。
書評

この時代に投資家になるということ

今となっては安定した景気にある時代であり、投資を行うのに適しているのかというと、必ずしもそうとは言えない現状にある。その現状から著者は投資家となり、企業も経営しているほどである。
書評

1億総投資家時代~未来を生き抜くための『お金』の生み出し方~

投資というとリスクを伴うのはよく言われており、もちろん元本割れを起こしてしまい、損をすることもある。しかしながらお金のことを知ることができる絶好の機会であり、行い方によって、資産を生み出す、あるいは生み出し続けることができる機会にもなる。
書評

社会人なら知っておきたい金融リテラシー

私自身お金の勉強はすべきだと思っている。もっとも景気は回復しているにもかかわらず、実感がないような方々も多くいる。特にリーマンショック以後の景気が降下した時期にお金の勉強を始め、資産運用を行うようになった。それからアベノミクスによる景気回復をきっかけにお金を残せるようになった。
書評

大富豪サラリーマンの教え

サラリーマンはもはや安定した職業ではないと著者は主張しているのだが、全くその通りかもしれない。前々から「ワーキングプア」が出てきて、サラリーマンとして働いていても、生活することができない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました